正しい付け方は?

カラコンの正しい付け方としてはまずは手洗いとなりますが、これはとても大事なことになってきますからきちんと行うようにしましょう。手洗いはきちんと石鹸をつけて丁寧に行うようにします。これは手に雑菌や汚れなどがついていない状態にするためのものですからここでいい加減な手洗いをしてしまうと目に細菌が入ってしまうことにもなりかねません。手を拭くときにもきれいなタオルなどを使用するようにしなければいけません。人が使ってそのままになっていたようなタオルなどを使用してしまうと、せっかくきれいに洗った手に再び雑菌が着くことになりますから気をつけましょう。

次に行うのがレンズの裏表を確認するということですが、カラコンはソフトコンタクトレンズのため、ひっくり返ってしまっていることも珍しくはありません。そのままの状態で目に入れてしまうとゴロゴロしたり、痛みを感じたりするため、きちんと裏表を確認してつけるようにします。レンズを指の腹の上に載せたら、目に瞳にそっと置くようにして装着します。このとき、利き手の人差し指を使うと行いやすくなります。また、できるだけ指の先のほうに乗せると装着しやすくなります。このとき爪が長いと作業しにくくなりますし、目に爪を当ててしまうことにもなりかねませんから出来れば爪は短くしておいたほうが安心です。

実際に装着するときには、レンズを乗せているのとは反対の手を使って目を開くようにまぶたを押さえてレンズをそっと入れますが、このときにもポイントがあります。目の前にものがくるとついつい目を閉じてしまうのですが、ここでがんばって目を閉じないようにすると入れやすくなりますから反対の目も閉じてしまわないように気をつけるとよいでしょう。レンズが入ったら数回瞬きをするとなじみます。フォーチュンコンタクト